船窪つつじ公園開花状況とメカニコホイール復活。

5/17 木曜
長女の誕生日なんで2時間の足切り。近場でサクッと登れる高越山へ向かう。タイムリミット効果でPR更新できたが足切り時間を超過。家族からのブーイングをよそに一人飯^^; つつじはそろそろ見頃か。 ブトがまとわりついてくるので虫よけ必須。
IMG_10495.jpg

IMG_10496.jpg IMG_10497.jpg


5/18 金曜
修理に出していたメカニコホイールが返ってきたのでタイヤの貼り付け作業。 破損したときの記事はコチラ 練習はおできが育ってきたのでお休み。
IMG_10498.jpg


5/19 土曜
メカニコホイールの慣らしと、明日の練習に備えて、ゆるゆると調整で出走。最後、裏掘割だけアゲてPR更新。最近Viperばかり乗ってたんで、DOGMAのフィット感が半端ない。 Viperもポジション的には相当煮詰まってるんだけどK-Fittingに掛けたDOGMAやVelenoと乗り比べると、もうあと半歩くらいか。 ホイール修理に伴ってタイヤもコンチのポディウムTTに変えたんだけど、これ結構な決戦タイヤなんですね。ブチルだから常用できるわと安易に選んだんですが、ビットリアのコルサスピードより気に入りました。 ただバルブコアが一体式なのが残念。 なので、シンクロ式の延長バルブにしたんだけどバルブナットのエクステンションがカタカタとうるさい。 対策としてバルブキャップに詰め物をして様子見。多分これで異音はなくなるはず。 パナはパンクの際のエマージェンシータイヤで退役となりました。(´・ω・`)
IMG_10499.jpg

IMG_10500.jpg

スポンサーサイト

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

クワトロカーボンに仕込んでいた温度計の計測結果。

5/2 水曜
月曜出走でVelenoに履かせていた後輪がパンクしてた。調べると傷はリム側でどうもパンクの原因はチューブの巣のような感じ。もしかすると砂のような異物が原因かもだけど、R'airは軽量で薄い分ちょとナーバスですね。 以前、リムに仕込んでおいた温度計は一番高いと思われるブレーキ面の裏側で71℃。一般的には75℃くらいまで上がると言われているので結果的にはほぼ同じでした。温度計を仕込んだ時の記事はコチラ 今回はパンク修理のついでに減っていたタイヤも交換。レーゼロに組んだGP4000sⅡが調子よかったのでコンチのSuperSonicを選択。ちなみにカタログで20cが140g 毎度毎度の重量詐欺なんで特には驚きませんが(笑) 作業後はHunter's Challenge - Day 1 - The Quick Fix。これまた昨日のSuper Peaks Pyramidに引き続きヘビーなメニューだった。最後の5min @ 115% FTPで破綻。次第に重くなる。。。
IMG_10415.jpg

IMG_10416.jpg IMG_10417.jpg IMG_10418.jpg


IMG_10419.jpg IMG_10420.jpg

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

みんな気になる中華カーボン。 メカニコ 25mmカーボンホイール 【KT25-23WY-RAY】

夕方にチューブラーのタイヤを貼ったのでテープの慣らしで出走。 ホイールは今期決戦用のメカニコ25mm。前後で1055gのKシリーズのノーマルタイプ。タイヤはヴィットリアCorsaG+Speed。 お試しに7barで乗ってみたけどむちゃくちゃ乗り心地が良かった。普段使いのメカニコ45mmの方はPanaracerのRACE EVO Aなんだけど5bar以上だと跳ねて乗ってられない位だし、クリンチャーもR'Airだと6barが上限。フレームのフィーリングがイマイチに感じられてVelenoで今期やれるか不安だったけれど、タイヤでここまで変わるとは・・改めて驚いた。 ※空気圧は私の体重での適正値ですので、ご注意下さい。

クリンチャーの転がりの良さは確かに認めるけれど、自分の中では現状、メカニコの軽量リムにラテックスチューブラーの組み合わせが最強かなあ。Speed40Tやクワトロカーボンを放出してメカニコに置き換えでもいいかなぁとさえ思う。中華製なのでリムもハブも作りが甘いなあと思う反面、バランスを取ったり、先日の記事のようにベアリングのメンテなんかをやってあげればかなりのパフォーマンスを発揮するなと。
IMG_09980.jpg

IMG_09983.jpg IMG_09982.jpg

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

禁断のラテックスチューブ

取り扱いが難しいと言う事で敬遠していたのですが、
物は試しとSOYOのラテックスチューブを取り寄せてみました。
乗り心地が良くなり転がり抵抗の低減に一役買うとのこと、
ただゴムの分子構造が大きいらしく空気が一晩で2~3barほど減ってしまうらしいです。
IMG_09366.jpg



あと熱にも弱いので放熱性の悪いカーボンクリンチャーでは禁忌です。
と言う訳でシャマル、レーゼロ系の穴なしリムはリムテープ不要なんですが、
下りで熱バーストを起こされると死ねるので、断熱効果を狙ってリムテープを装備。
ZEFALのコットンタイプを使いました。熱伝導性は他の物に比べると低いはずですし。

ここまでやれば直接リムにチューブが触れることは無くなるので、
カーボンリムでもラテックスが使えそうな気がするんですが、どうなんでしょうねえ。
IMG_09363.jpg



左が未使用で、右が使った残り。 リムテープ使用の重量増は14.5gでした。
IMG_09364.jpg IMG_09365.jpg



タイヤ装備の作業写真はありませんが、リムテープを貼ったことで少々装備性が悪くなりました。
あと、SOYOのラテックスチューブはホイール径に対して少し小さいので、伸ばしながら装備する
必要があります。コツはチューブに少しだけエアを張ってからやるとすんなり収まってくれます。
全く張らずにやるとイライラしますよ(笑





こちらはクワトロカーボンですが、とりあえず、どの程度まで温度が上がるか調べてみます。
IMG_09368.jpg



IMG_09367.jpg

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

買いましたカーボンのアレ。 2

時系列的にはかなり前の物ですが、書きそびれていたのでup。


ぶんぶんぶーんと、何を回しているかというと・・。FulcrumのRacing Quattro Carbon
到着早々セラミックベアリングに打ち替えたので初期慣らしなのです。
IMG_09231.jpg



国際郵便のタグが示す通り、いつものように円高ワッショイでIYHしてた物でしたw
IMG_09226.jpg



縦横振れナシ。
IMG_09227.jpg



専用のブレーキシューとレバーが付属するようです。
IMG_09228.jpg



前650g 後834g 
計1484g

ちなみにカタログ値は1555g、ただしQuattro Carbonは概ねどの個体もカタログ値を下回っている模様です。
シールドベアリングなのでCULTでセラミック化を図るよりも遙かに安く仕上がりますし為替の動向次第では
狙い目ではないでしょうか。もちろん吊るしの状態でもよく回りますよ。
IMG_09229.jpg IMG_09230.jpg

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

スポーク破断

走行中スパーンっと、結構な音が。確認するとスポークが飛んでました。
派手に振れていたので走行は断念。 しかしフレームなどに傷は無く、スポークだけで済みました。
IMG_09207.jpg



この手のトラブルはさわる 自信 が無いのでshop(CS)に依頼w
スポーク欠品により時間は掛かりましたが、綺麗に直りました。
IMG_09208.jpg

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

ハブメンテ SHAMAL ULTRA

SHAMALのラチェット音が気になりだしたのでグリスアップついでにハブのメンテ。
このホイールもぼちぼちアタリが付いてきた頃かな。今回はグリスをSuperLubeから
Finishlineのセラミックグリースに変えてみた。指先の感触では、僅かにFinishlineの方が
柔らかい印象。
IMG_09147.jpg

IMG_09148.jpg

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

サイドカット補修

先日のガレ場遊びでカットしてしまったタイヤの補修をしました。
コニシボンドのクリアタイプで盛ってから、裏から補強とチューブがはみ出さないようにデニム生地を貼り付け。
トレッド面の貫通パンクでは何度か同じ方法で治しましたがサイド部分は初めて。 ネット上では同様の直し方を
散見しますが、さてさてうまく行くでしょうか。
IMG_09137_20160401212317161.jpg



でもって完成。 
あぁ、僕の場合コーナーも攻めませんし下りで飛ばすことも無いので治してますけど
攻める人はさっさと廃棄した方がいいんじゃないでしょうかw
IMG_09136_201604012123166fd.jpg

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

円高ワッショイ。

と言う訳でガイツー(サイクリング・エクスプレス)にてIYH
IMG_09122.jpg



中身はFulclumRacingZERO。 先日のDura-C24をヤフオクでドナドナ。
割と高値で落札されたのでほとんど差額無しでGETできました。
IMG_09123.jpg



コンサインメント品(メーカーor販売代理店委託品)と言う事で
縦横フレ、センターズレなどはチェック済みらしく皆無でした。
ただ、スポークに押さえの工具を当てた痕が残ってたので、
工場出荷後に調整された物なのかもしれません。
IMG_09124.jpg



重量はカタログ値より軽い1408gでした。
どうやらアタリの個体だったようです。
IMG_09125.jpg IMG_09126.jpg

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

酷道、険道探検隊

ちょっとカテゴリーに悩みました。5秒くらい。

最近近場の峠は行き尽くした感が有り、マンネリしてきたので
久しぶりにSTRAVAでルートを引いて新規開拓に行ってきました。

でも実際はyagさんとこだったかな、そこでの走行レポを見たのが動機。
倉羅峠登り口から脇道にそれて木屋平へと向かう
三ツ木宮倉、県道250号線が本日のメインディッシュ。




まあSTRAVAのタイトル通りですがとにかく酷い道。途中までは杉枝の絨毯でしたが
頂上に差し掛かるにつれ落石落石。それもナイフのように尖った結晶片岩の落石なので
タイヤカットしないか、ひやひや物でした。
峠の切り通しはごつごつした壁面が露わになっており何とも不気味な雰囲気。
IMG_09105.jpg



IMG_09106.jpg



峠を越えてからの木屋平側でも舗装の荒れが酷く、
香川県道153号大滝上西線を思い出した。

ここにも自衛隊の敷設道路である碑がありました。
IMG_09107.jpg



そんな訳で、ZONDAに履かせたRaceLEvo2がボチボチ交換時期を迎える為に、
耐パンク性の高いRaceDEvo3を導入。なにやら噂ではグラベルキングを凌ぐ程
耐パンク性能が高まっているらしい。
IMG_09108.jpg



28cにするか迷ったけれど、28cを要す程攻める訳でもないし、軽い方がいいだろうと思い23cを選択。
IMG_09109.jpg



重量は224g,と221.8g 結束のゴム紐除く。でナカナカ優秀。
コレを履かせてまた、酷道県道ルートの散策に出てみたいと思います。
IMG_09110.jpg IMG_09111.jpg

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

toab

Author:toab
過去の交通事故で隻腕となってしまった、ハンディキャップチャリダーです。 ふとしたきっかけで乗った自転車にハマってしまい、今では改造にポタリングにと、ゆるゆる自転車を楽しんでいます。





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

カテゴリ
最新記事
リンク
STRAVA
twitter
にほんブログ村ランキング
月別アーカイブ