小さな事からコツコツと。 VelenoEVO軽量化 シートポスト変更。

軽量化としては手薄だったシートポストを入れ替えました。変更前はTNI Alu postで175.7g。 不要な分はカット済みですが、これでも下手なカーボンポストよりも軽く仕上がっています。 安いカーボンポストはすぐ割れるのでここのところは金属製ばかり使っています。 ああいうのは、いわゆるウエットカーボンってやつなんでしょうねぇ。
IMG_09544.jpg


で、こちらは新しいポストのKCNC TI Pro Lite。 つるしの状態で179.4g。 不要部分のカットで125.1gと、なりました。
IMG_09545.jpg IMG_09546.jpg IMG_09548.jpg


と、言う訳で今回の作業により50.6gの減量となり、車体重量が6.24kg。 後はメカニコのローハイトを履かせれば大体-250gなのでギリギリ5kg代に入るか入らないかと言う感じ。 更に削るなら軽量カセット-50gと軽量ブレーキキャリパー-100gで-150~160g。 他にはペダルを非シマノにすれば-50g位か。ペダルは他のバイクとの管理が煩雑になるので出来れば避けたいところ・・(笑
IMG_09549.jpg


TI Pro Liteのカーボンレール用の金具は重くなるため不採用になりました。角度も微妙に合わなかったので。
IMG_09547.jpg
スポンサーサイト

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

放流サドル回収

中古で程度の良い物が見つかったのでサルベージ。
IMG_09216.jpg



結果
ダメ臭い・・。w
IMG_09217.jpg

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

困ったときのkalloy GC-01

相変わらずviperのシートポストの滑りに悩まされておりますw
と言うわけでkalloyのGC-01を装備。(右)
左のDIXNAは微妙にサイズが違った(30φ)のと
上段の締結力が弱かったためにイマイチでした。
IMG_09203.jpg



このGC-01は31.8φでアルミ車への装備を前提とした物なので、シムを作って径を変換しました。
(クロモリviperの座管径は29.8φ) ただ、単純に径を合わせるだけではダメで、
シートクランプ側に引っかかりのツバがあるのと同様にシム側にもツバが必要なため、
ダブルバテッドだったシートポストの端材を利用して制作。
IMG_09204.jpg



はい、完成。
IMG_09205.jpg



もう、がっちがち、全く滑らなくなりました^-^
IMG_09206.jpg

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

シートポストの滑り落ち。 ありゃ割れてた。。。

先日のRideからサドルポジションに違和感が感じられたので、
チェックしてみたところ、シートポストが滑り落ちてきていた。
IMG_09138_20160404203020cc8.jpg



フレームから引き抜いてみるとトホホなクラックが。。
走行中かすかに聞こえていたノイズはコレだったのかも。
破損が気になってクランプの締結がぬるかったのも、滑りの原因になったようだ。
IMG_09139_201604042030210a3.jpg



クラックはシートポストに設けられたスリットの部分に見られたので、
別のシートポストを取り寄せ。中華系の部品っぽいが、TNIもどうせその辺りの部品に
ロゴを入れているだけだろうから、まぁ大丈夫だろうと(笑。
IMG_09141_20160404203022cf8.jpg



350mmだったので余分な長さをカット。 
IMG_09142_20160404203024eb0.jpg IMG_09143.jpg



んで、完成。 マットだからかTNIのようなエロさは有りませんなー(え。 
IMG_09144.jpg

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

TNI Carbon Seatposts

MICROTECHの純正ポストでセットバック付きのポジションが出たので
TNI Carbon Seatpostsに変更。 凝ったシルエットで質感もなかなか。
メーカーのサイトでは締結方法の表記が無かったが、こちらは一本締めタイプ。
IMG_09116.jpg



IMG_09115.jpg

~Viper完成~ 今日の測りモノ シートポスト、TIOGAツインテールスパイダー。

Micro tech Viper純正シートポスト 302g   TNI ALU POST 27.2 177.5g
IMG_09090.jpg IMG_09089.jpg



TIOGAツインテールスパイダー144.5g
IMG_09091.jpg



と言う訳で完成後の車両総重量(ヘッドライト除く)
鉄車にしては結構軽く仕上がったんでは無いでしょうか。
IMG_09092.jpg



IMG_09081.jpg
2013 BASSO VIPER FLAT BAR

Frame:2013 BASSO VIPER Skyblue
Fork:BASSO VIPER ORIGINAL
Handle Bar:FORMOSA Flat bar 15°
Handle Stem:3T ARX TEAM 150mm
Shifter:F/SHIMANO SL-A050 R/SL-RS700
Front Derailleur:SHIMANO ULTEGRA FD-6800
Rear Derailleur:SHIMANO ULTEGRA RD-6800 SS + TNI Speed Pulley
Chain wheel:SHIMANO ULTEGRA FC-6800 50-34
Bottom Bracket:TANGE LNX7911
Gear:SHIMANO Dura-ACE CS-9000 12-28T / 11-28T / 12-25T etc...
Chain:SHIMANO CN-HG900
Brakes:SHIMANO ULTEGRA BR-6800
Levers:DIA-COMPE TECH-77W
Wheel:CAMPAGNOLO SCIROCCO35MM/ZONDA / SHIMANO Dura-ACE WH-9000-c24-cl etc...
Tires:Panaracer RACE-L Evo2 etc...
Saddle:TIOGA Spyder TwinTail
Post:TNI SeatPosts ALU POST 27.2
Pedal:SHIMANO 105 PD-5800

Weight8.67kg

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

ちょっと、PONZAごっついええんちゃうん。

最近、走りに行くたびに股ずれのような症状が股間に出来るのでサドルを一時的にPONZAに戻してみた。
これは自転車を始めた割と初期の頃から気に入って使っていた物だったが、ある時期から会陰部のしびれが
出る為に、selle sanmarco aspideからselle italia superflowの流れで、穴あきサドルに浮気していたと言う経緯がある。

サドルなど体に触れる物は慣れや体が出来てくると評価が一変するものだが、今回は果たしてどうだろうか。
少なくともPONZAの頃はレーパン無しでも100km位は平気で乗っていた事を考えると、
aspide以降のサドルよりは相性が良かったのだろうと思う。
IMG_6937.jpg



また、戻すかもしれないので現在のポジションのメモ
シートクランプ~カーボン層上端まで131mm
IMG_6936.jpg



と、そんな訳で、早速早起きして乗ってきた。走り出してすぐ気がついたのは
サドルのグリップ感が増している事。
特に登りでトルクを掛けていった時の腰の据わりが以前とは全く違う。
考えてみれば当然のことながら、穴あきタイプは尻に触れている面積が小さいので、
グリップが弱いのだろうと思う。

逆にペダリングには結構な違和感あり。どうやらサドルのみ付け替えで、シートポスト高は
そのままだったので、座面が高くなりすぎたようだ。
クランク5時~7時の下死点付近でトルクの掛かりが浅くなる為に、
ぎっこんばったんペダリングになっていた。




帰宅後5mm落として(126mm)再度、堀割峠へ。
下死点付近の違和感は解消されていた。そのおかげか、2本目はタイムアップで、
自己ベスト3位の物だった。そのまま美郷方面から仕事に向かう。




うまい具合に午前中で仕事が片付いたので、PONZA評価の為ロングに出る事にした。
ついでに、STRAVAのGran Fondo 100(5 月中に 100 キロメートルをライド)もクリアしたいと思う。
5月分は先日の垢離取(コリトリ)~見ノ越Rideで達成出来るはずだったのだがアプリの不正落ちで
未だ達成できていないのである。
すでにタイトルとログでバレバレだが残り8km程度でiphoneのバッテリー切れにより、
またも未達成に終わってしまったorz




走り終えて

SLRだとこれだけ走ると、何らかのダメージが残っていたのだが、PONZAではそれが全く無かった。
また、サドル位置が高いと骨盤が上下に動いて、膝が開くと言うのを以前何かで読んだ気がするが、
調整後は膝の開きが修正されていた。 恐らくSLRでも少し高すぎていたのかもしれない。
走行ログや今日の印象からしても、自分の場合はナロータイプのサドルの方が良いようだ。

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

大川原高原と立ちゴケ(涙

STRAVAのフォロワーの方が大川原へのログをupされていたので、
自分も久々に行ってみたくなり大川原高原へ。

童学寺トンネルでは桜がちらほら咲き出していた。
IMG_6549.jpg



大川原高原、麓のサンクスにて休憩。
IMG_6555.jpg



久しぶりすぎて足が攣りまくり(涙 7km地点で無念の足つきによりEND。
心が折れたので引き返そうとしたその時、サドルにタイツが引っかかりヨロヨロと立ちゴケ。
幸い怪我は無く、バイクにも走行に支障をきたすようなダメージは無かったが、
サドルには大きな擦り傷が(涙
IMG_6556.jpg



orz
IMG_6562.jpg



以前、中古パーツ屋さんで手に入れていた、selleITALIA SLRスーパーフローが有ったのでマッハで変更。
格安だったので脊椎反射でポチっていたのだが、届いてみたら145mmのワイドタイプだったので、
死蔵していた物である。 前々から145mmのワイドタイプの物については、漕いだ時の太ももとサドルの
干渉が気になり、あまり良い印象が無かったが、これについてはそのような事は見られないようだ。
IMG_6561.jpg



拙blogの検索キーワードでも、需要の多い部品重量をチェック
SANMARCO AspideRacing 183g
IMG_6558.jpg



selleITALIA SLRスーパーフロー 191.5g
IMG_6560.jpg

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

サドル交換 Selle Sanmarco Aspide Racing Open

注文していたサドルと12-25Tのスプロケが届いた。 サドルはPONZAの印象が非常に良かったので、
新しいサドルもSanmarcoから。 本来なら穴あきPONZAが無難なのだが国内はもちろんWiggleや
CRCでも見つからなかった。 MANTRAも候補の一つだったが、今までも140mm幅のサドルは相性が
悪かったのでAspide Racing Openをチョイス。 スプロケはZONDAに付けるつもりでいたのだが、
到着が間に合わなかったので、また後日作業を行いたいと思う。
IMG_5379.jpg



サドルは183gとかなり軽量。webでは判らなかったが実際に手に取ってみるとぺらっぺらである。
ベースは固くクッションは少なめ、早くも敗北感が漂ってくるw サドル探しの旅に玄関を出たら、
いきなり土砂降りだったみたいな。ちなみにカタログ値は177gである。
IMG_5383.jpg



サドルの寸法や形状はPONZAほぼ同じ。
IMG_5380.jpg



後部の太ももの裏が当たる部分をAspideの方が僅かだが深く削ってある。
中心の穴は大きいので会陰部の痛みには効果がありそう。
デザインは白いラインがandanteにあつらえたかのようだ。
欲を言えばハマりすぎて面白みに欠けるかも。
IMG_5381.jpg



PONZA Power 215g
永くお世話になりました。 戻ってくるかもだけどw
IMG_5397.jpg

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

シートポストのやぐらネジをTITAN製に変更

以前交換したシートポストのやぐらネジがスチール製だったので、早速TITAN製のネジに替えました。
写真には手違いでワッシャーが入っている物なので重量は43gとなっていますが、正味は41.5gです。
IMG_2468.jpg



受け側の特殊ナットもTITANの物を見つけましたが前後で寸法が違い、そのままでは取り付け出来ないようです。
おまけに特に考えずにテーパータイプで取り寄せたキャップボルトも頭が大きすぎ、ねじ穴に入って行きません。
特殊ナット側は研磨するか最悪シートポスト側を削れば取り付け出来るかと思い、金属加工に詳しい友達に
相談してみると削ってあげるよと言って貰えたのでお願いする事に。
IMG_2349_01.jpg



こちらがその加工を終えて帰ってきたTITANネジとナット。 旋盤で削って貰えたので仕上がりは完璧です。
IMG_2465.jpg



削って貰った特殊ナットは後ろ、キャップボルトは前、寸法も完璧でした。
ねこダッシュTくん、ありがとうございました。
IMG_2471.jpg



作業後、堀割峠で走り納め。出来た話で自己ベストを15秒57短縮し21分56秒で更新w
祠さんがあったので今年一年の感謝を込めてお参りしておきました。
IMG_2473.jpg



平成25年4月からの走行距離は3391kmでした。
IMG_2489.jpg



それでは皆様、今年一年ご覧頂きありがとうございました。良いお年をお迎え下さい。
IMG_2481.jpg

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

toab

Author:toab
過去の交通事故で隻腕となってしまった、ハンディキャップチャリダーです。 ふとしたきっかけで乗った自転車にハマってしまい、今では改造にポタリングにと、ゆるゆる自転車を楽しんでいます。





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

カテゴリ
最新記事
リンク
STRAVA
twitter
にほんブログ村ランキング
月別アーカイブ