SWISSSTOP、ブレーキシュー

ブレーキ掛けるとジャージャー異音が出てたのでチェック。
R55C4と比べると遙かにましだけれどSWISSSTOPでもアルミ粉噛むのね。
IMG_09222.jpg

スポンサーサイト

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

今日の測りモノ。デュラ9000とアルテ6800のブレーキキャリパー。

クランクがULTEGRAのグロッシーグレーだとTIAGRAのシルバーがやたら浮くので
Viperも6800キャリパーに変更することにした。 また、Swissstopのシューを4600で使おうとすると
シューケースが必要となるなど、色々追加で出費がかさむので、それならばいっそ変えてしまえという訳。

同様に安いと思われた10s部品も中古を使ってもさほど安くならず、ホイールの交換でも
スプロケの脱着が頻繁になるなど運用面で煩雑になるため11sで行く事にした。

ブレーキはデュラをVelenoに装備して、アルテはViperへとお下がり。9000は重量だけで無く、
効きも6800とは差別化を計られているらしく使用している人曰く別物との事。
実際走らせて握ってみるとなるほど納得、制動力はおろかレバータッチまでが違う。
物自体も肉抜きが徹底されておりすっきりした印象。このあたりが、あぁーやっぱデュラやなぁと感じる。
こうなってくると鉄車にフルデュラとかだとどれくらい軽くなるんだろうかとか、アカン妄想が・・。
IMG_09084.jpg IMG_09085.jpg



フレームが明るい色なのでグロッシーグレーがなかなか似合う。引き締まった。
IMG_09082.jpg IMG_09083.jpg

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

ブレーキメンテ シュー交換R55C4 なんや、ようけ埋まっとお!

ブレーキの効きが甘いので、シューを交換しようと外してみたところ異物が埋まっていた。
捨てるのは勿体ない気がしたので精密ドライバーでほじくり出してから、表面を研磨して
予備パーツに回す事にした。 
IMG_6889.jpg

先日のペダル軸やFHのグリスアップなど、スポーツバイクはあちこちマメに見てやんないと、
すぐ駄目になる。 固いグリス入れたりパフォーマンスを落とせばある程度はメンテ頻度は
延ばせるのだろうけど、コンディションの良い状態で乗りたいなら自分でやれないと
色々と不便だろうなと思う。



そう言えば今日スポーツデポでこんな物を見つけた。 チェーンの掃除をするブラシである。
いつもは歯ブラシでやっていたんだが、こーゆうのが欲しいなと考えてたドンピシャのツールだったので、
衝動買いしてしまった。使ってみた感じはなかなか良い感触。
コマの中に入った砂を掻き出してくれるので、重宝しそうだ。
IMG_6890.jpg

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

脱TEKTRO ブレーキキャリパー変更 ULTEGRA 6800

多くの自転車乗りから敬遠さているTEKTROのブレーキ。
自分は値段の割に重量は軽いし、シューさえ変えてしまえば制動性は悪くないと思っているので、
あまり不満には感じて無いのだが、一般的な基準は知っておくべきかなと思い、
モデルチェンジで評判の良い6800番を入れてみる事にした。
IMG_3396.jpg



中にはキャリパー本体と長さの違う沈頭ナットにペラい取扱説明書。取り付けに関しては、
Shimanoのwebサイトよりディーラーマニュアルを落としといた方が良いと、作業後に知る。
IMG_3398.jpg



アジャスターはクリック感のあるナット式。 ここへは直接アウターが入るようになっている為、キャップは不要。
なので、5.5mmサイズのブレーキバナナは付かないのだが、無いと他のワイヤーとのバランスが悪くなるので、
差し込み部を削って装備。 寸法の違いは0.5mm程度なのでサンドペーパーで研磨した。
IMG_3411.jpg



無骨な感じで、なかなか格好がよろしい。
IMG_3405.jpg



作業後、走行してみてあまりの激変ぶりにTEKTROってダメなんだなと改めて確信www
制動が強すぎるブレーキは危ないと思っていたが、コントローラブルで全く問題なし。
いやー、コレ使っちゃうとTEKTROは無いなーw そのうちFELUCAも変えてしまおう。
IMG_3402.jpg



テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

【再度】ブレーキメンテ アームボルトの緩み。

■ 2014-01-15 リム清掃とブレーキメンテ
■ 2014-01-16 【続】ブレーキメンテ フィーリングチェック
以前のブレーキメンテの続きです。



前回の整備ではあまり目に見えた改善がなされないまま使っていましたが、
キャリパーをよくよく観察していると、ブレーキレバーを強く引いた際にワイヤーが繋がる前側のアームが
スラスト方向に開いているのを見つけました。レバーの動作だけでここまで目に見えて動くと言う事は、
実際の走行中やダウンヒルなどでは相当動いているはずで、これではシューの当たりも偏ってしまい、
正常な制動は出来ていないはずです。


キャリパーをフォークから取り外し、アームボルトのセットボルト(イモネジ)を緩め、点検してみると
案の定アームボルトが緩んでいました。そこで、ボルトを手応えがある所まで締め込んでから30~40°程戻して、
セットボルトで固定し、車体に組み付けて走らせてみると調整前とは明らかにタッチが違う。
頼りない感じから、握り込む量に応じて制動力が立ち上がる感じで、効き自体もだいぶ良くなりました。

なにより、レバーを強く握らなくてもしっかり減速出来るので操作が随分と楽になりました。


  
今回の記事を書く際、部品の名称を調べる為にshimanoの展開図を参考にしたのですが105からはピポットボルトに
ボールベアリングが使われ、デュラエースではアームボルト側にもボールベアリングが使われているようで、
締結トルクを高めても動作が渋くならないような構造として居る事がうかがえました。
よく言われる、ブレーキは105以上にしとけとはあながち間違いでは無いようですね。

TEKTRO R741も重量と値段を考えれば結構良い線行ってるとは思うのですが、構造を見ると
少し残念な感じがしますねw デュアルピボットでポリッシュタイプのキャリパーがshimanoから出れば
即飛びつくんですけどね。
IMG_2758.jpg



そうそう、先日の自販機に詰まらせたお金が現金書留で返金されてきました。
IMG_2732.jpg

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

toab

Author:toab
過去の交通事故で隻腕となってしまった、ハンディキャップチャリダーです。 ふとしたきっかけで乗った自転車にハマってしまい、今では改造にポタリングにと、ゆるゆる自転車を楽しんでいます。





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
リンク
STRAVA
twitter
にほんブログ村ランキング