DOGMA F8+RD-R9100のホイール脱着とチェーン落ち(涙

以前書いたRD-R9100のホイール脱着時のクセについて。
従来のディレイラーから形状が変わりダイレクトマウントでシャドータイプに変わりました。
以前のディレイラーだとバネの限界まではね上げる事が出来たのでホイールの脱着については
それほど苦労する事無く出来たのですが、DOGMA+R9100では下に抜く事が困難になっています。
R9100コンポのS-WORKS TARMACではスムースに脱着出来たという報告があるので、
車体固有の相性かもしれません。いずれによ25CやTOP12T以上のギアを使った車体の場合は
以下の方法が一番ストレス無く脱着出来ると思うので書き記しておこうと思います。

RDのパンタグラフをはね上げてエンドから外すのは従来通りで、その後ホイールをエンド後方に
持ってきてからスプロケからチェーンを外すのが一番スムースに脱着出来ます。
IMG_09284.jpg



別角度にて。
IMG_09286.jpg



そんな訳で、ホイール脱着時のチェーンの通り道には養生を貼り付けておきました。
IMG_09287.jpg



こちらはチェーンステーのバイトガード。 MOSTのロゴ周辺がちぎれたようになっているのは、
チェーンを落としてしまったからで、原因はFDのワイヤーの初期伸びでFDの動作範囲がぬるくなり、
変速の際チェーンホイールがチェーンを拾い損なったのが原因です。
普段だと使い込んだRD用のワイヤーをFDに使うのですが、今回新車だからと奮発して
新品ワイヤーで張っていたのをすっかり忘れていました。
IMG_09288.jpg



純正のガードが届かないのでダイノックシートで自作。
IMG_09290.jpg


元の位置から少しだけ下に被さるように恥隠し傷隠し。
つや消しのタッチアップ塗料でチョイチョイ塗って完成。
マットは仕上がりを問わなければ補修は簡単ですが
磨きが出来ないので、ある意味、補修不可ともいえますね。
IMG_09289.jpg
スポンサーサイト

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

toab

Author:toab
過去の交通事故で隻腕となってしまった、ハンディキャップチャリダーです。 ふとしたきっかけで乗った自転車にハマってしまい、今では改造にポタリングにと、ゆるゆる自転車を楽しんでいます。





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
リンク
STRAVA
twitter
にほんブログ村ランキング