GIOS FELUCA更新終了。

ブルホーン化させたものの、ほとんど乗らなくなっていたFELUCA。
実はブルホーン化でハンドリングが激悪化していたのだ。
片手仕様のため左側にケーブルが集中するのが原因で、
フラットバーではヒラメのバナナを使う事でケーブルの抵抗を減らす事が出来るのだが
ブルホーンではそれが出来なかったという訳である。

今更フラットバーに戻すのも面倒なのと新しく増車を考えていたのでオークションに放流した。
小傷はあるものの、それなりに気を遣って扱ってきたので状態は良いと思われる。

写真は梱包前の養生の状態。
IMG_7503.jpg



発送。
と言う訳でFELUCAカテゴリー更新終了となります。
IMG_7526.jpg
スポンサーサイト

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

GIOS FELUCA ブルホーン化 ~その5~ 完成

依頼してあったブラケットが帰ってきた、治具で傷が付いたとバフがけまでしてくれてた。
T氏感謝!またゴチるから呑みにでも行きましょう。
IMG_6357.jpg



肩下がりのプロファイルデザイン は少し乗りにくかったのでTNIのブルホーンバーに変更。
サイズはバーエンドシフター装備のため36.8パイ-23.8パイ 380mm幅の物
IMG_6403.jpg



インナーアウターはほぼそのままで行けた。加工したブラケットもジャストフィット。
アウターのルーティングも変則的ながら、このレイアウトが一番まとまる感じ。
IMG_6405.jpg



自己癒着テープを巻いて。
IMG_6406.jpg



やはり左側は部品が集中している分バーテープを巻くのは難しい。
IMG_6409.jpg



完成。
IMG_6408.jpg



IMG_6410.jpg



ANDANTEの12-25化に合わせてほぼ同じギア比となるように11-23tに変更。
IMG_6411.jpg



固定ローラーバイクなのに無駄にBR-6800を奢るw
IMG_6412.jpg



IMG_6413.jpg

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

GIOS FELUCA ブルホーン化 ~その4~ シフターブラケット加工

前回の記事で書いた22.2パイのハンドルにレバーハンドルマウントではフロントシフターのワイヤリングが
しっくりこなかったので、バーエンドタイプのシフターで行こうとおもうのだが、22.2パイのハンドルでは、
バーエンドタイプのシフターが取り付けが出来なかった。
反対に23.8のハンドルバーだとバーエンドタイプのシフターは問題なく付くのだが、リアシフターは径の違いにより、
取り付けることが出来ないので、23.8のブルホーンバーの取り付け径に合うようにブラケットを加工中である。

加工はプライベート旋盤を持つT氏に依頼。旋盤へのセットに一番時間が掛かるとの事。
送ってくれた写真を見るとなるほど納得である。
T氏はバイクの0-50mレースの世界記録保持者だったりする凄い人。
峠で膝スリ小僧をやっていた頃からの仲間だが、とうとう道を究めた感があるw

実は実家にもボール盤があるので24mmのトリル歯を手配したのだが取り付け部分の径の違いにより
歯を咥えさせることが出来ず、自力での拡大は断念してたりする。
IMG_6307.jpg



そんな訳でFELUCAの方は依然まったり進行中であります。

昨年の11月から数えるくらいしか走れておらず、今日は増えてしまった体重を削るべく堀割峠へ。
一休み出来る小屋が出来ていたので拝借。恐らくここを管理する村田氏の手による物だろう。(感謝)
IMG_6333.jpg



ホールダウン金物で耐震強度もバッチリのようであるw
IMG_6335.jpg

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

GIOS FELUCA ブルホーン化 ~その3~ シフター変更

新年明けましておめでとうございます。本年も拙Blogをよろしくお願いします。

今日は昨年末からやっているFELUCAのブルホーン化で、注文してあった低頭ネジが届いたので、
早速、組み付けて走らせてみた。 思惑通り、親指で全ての変速が可能になった。
SL-R770よりも一つ新しいモデルだけ有って操作感も軽く、なんと言ってもシフトアップで2段、
シフトダウンでは一気に5段も変速することが出来るようになり、操作感もなかなか軽快である。
ブレーキを掛けた時の指とシフターの干渉も解消され、良い感じに仕上がった。
IMG_6148.jpg



現在フロントのシフターの処理を思案中。
IMG_6150.jpg

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

GIOS FELUCA ブルホーン化 ~その2~ 試乗

フラットバーと比べると前傾が深く、風の影響が少ないせいか速度の維持は楽に感じた。
しかし、仮止めの際の動作チェックでは気にならなかったレバー位置も、実走ではブレーキをかける
ホームポジションからシフターが離れすぎていて操作感はイマイチだった。

と言う訳でこれらの課題をクリアすべく、ハンドルバーを22.2mmの物に変更。
メインとなるRのシフターが手元に来ることで操作性は改善したが、今度はシフターと指の干渉が
気になるようになってしまった。もう少しシフターをオフセット出来れば解決しそうなのだが、
このSL-R770は一体式である。 これをオフセットさせるなら切った張ったの加工が必要になる。
IMG_6045.jpg



そこで一つ新しい後継モデルのSL-R780がブラケットとシフターが別体式のようなので早速取り寄せてみた。
スペーサーはホームセンターに置いてあった内径4mmのアルミのチューブで6mm程オフセットさせてみた。
これでハンドルバーを握った際の干渉が少しは軽減されるはずである。
ブラケット部分のネジも汎用の物では頭が大きく、指との干渉が気になりそうなので、低頭タイプのネジを
取り寄せ中である。入荷は年明けと言う事なので、しばし作業はお休み。

780のシフトアップレバーは押す事でも変速が出来るようなので、この配置であれば親指だけで全ての操作が
できるようになる事になる。仕上がりが楽しみである。
IMG_6048.jpg

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

toab

Author:toab
過去の交通事故で隻腕となってしまった、ハンディキャップチャリダーです。 ふとしたきっかけで乗った自転車にハマってしまい、今では改造にポタリングにと、ゆるゆる自転車を楽しんでいます。





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
リンク
STRAVA
twitter
にほんブログ村ランキング