Bye Bye OPUS! buy buy TNI!

と言う訳で長年連れ添ったOPUSですがついに手放しました。
ローラー台マシンとして余生を過ごしていましたがBB周りからの異音と
各部のヨレが気になり、思い切ってフレームを入れ替える事に。
IMG_09252.jpg



で、新しく買ったのはTNIの7005mk-Ⅱ 廉価なアルミフレームながら
意外と乗り心地もよく、クリアな踏み応えがお気に入りです。
IMG_09253.jpg


スポンサーサイト

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

チェーンサックと補修沼('A`)

チェーンサックでガリガリ削ってしまったチェーンステー。 
5mm各程の大きさでクリアゲル層まで剥がれていた。
カーボンの繊維までは破損していないようなので、車のタッチアップ塗料を
カラーパテ代わりに盛ってやって、仕上げはコンパウンドで磨き上げて完了。
IMG_7275.jpg



判り辛いので拡大。中心の黒い所がタッチアップ塗料での補修箇所。
IMG_7275-2.jpg



その後、カーボンの補修について調べているとクリアゲル層の補修に使う、
専用のクリアパテと言う物がある事を知る。
タッチアップでの補修は割とうまくいっていたのだが、欲が出てきてクリアパテでやり直す事にした。
(そもそもココでやめておけば良かったw)
IMG_7439.jpg



・・・。 ('A`)
肌の段差は無くなったが、クリアパテとベースのゲルの色味が大分違う。
IMG_7440.jpg



その後クリアパテに顔料を混ぜたりして補修を繰り返すがうまくいかず。
IMG_7441.jpg



ここでクリアパテでの補修はあまりにも作業性が悪いので塗料に変更。
色味はクリアーに黒の塗料を混ぜて調色。

次第に補修範囲が広がってきた ('A`)
IMG_7452.jpg




肌の高いところを研いで磨いて低いところは色乗せてまた磨く、
そんな事を繰り返し、だいぶ肌が整ってきた。
IMG_7454.jpg



で、仕上げはコンパウンドの入っていない固形ワックスで磨き上げて完成。
IMG_7455.jpg



下側は少しラインが甘いですが肌はだいぶ良くなりました。筆塗りの補修としては上々でしょう。
IMG_7457.jpg

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

ANDANTE コラム分解

前回のメンテの際ヘッドパーツ周辺からの水が流れ出してきていたのでフォークを抜いて点検してみることにした。
分解ついでにヘッドパーツ周辺から流入した水がどのような経路を辿るかついでに点検してみようと思う。
ANDANTEのシートチューブはチェーンステーやトップチューブとは内部で繋がっていないのだが、
仮にヘッドチューブも独立なのであれば水の逃げ場所がないので雨降りの度にコラムの分解が必要と言う事になる。
恐らくロア、トップ共に繋がっているとは思うのだが、傾けた際のヘッドパーツからの流れ出した水も気になるので
どう言う形で繋がっているか確認しておきたいと思う。
IMG_3902.jpg



写真では見え辛いがロアトップ共に一体形成で繋がっていた。
取り敢えずこれで雨に濡れた際は傾けるだけで水を抜けると言う事が判った。
ところが、ここでバラしたまでは良かったのだが組付けのグリスの種類が判らない。
手持ちにあるのはSHIMANOのプレミアムグリスとAZウエアグリスだけ。
一般的なグリスはカーボンとは相性が悪かったはず。と言う訳でネットで検索。
某板で聞くと普通の物でも大丈夫だがプラスチックやゴムなどへの攻撃性の低い
シリコングリスなる物が良いとのこと。
IMG_3904.jpg



と言う訳で買ってきましたシリコングリス。けど高いw 80gで1440円。
値付け間違えてるのかと思ったw この後さくっと組み付けて堀割に試走。
IMG_3922.jpg



抜いていたポストを戻す際に何となく5mm程上げてみた。 サドル先端に座り体重を掛けて登るのは
少し楽になったが、ペダルの上下で腰がぶれるのでどうも微妙。下りでも重心が高くなりすぎて不安定、
腰で乗る感じも薄れる。タイムは自己ベストに近いものではあったがイマイチ。
20分32秒
IMG_3928.jpg

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

雨降りライドの後始末。 フレーム水抜き ANDANTE

前回の出走の際、長い時間水にさらされたので、水を抜くためにシートポストを抜いてひっくり返してみた。
ポストには滑り止めのグリスをたっぷり塗ってあるので、そんなには入ってないだろうと思っていたが、
結構な量の水が出てきて驚いた。
IMG_3888.jpg



車体角度を変えるためフロントホイールを吊す。
IMG_3893.jpg



角度を変えるとチェーンステーからも。
IMG_3891.jpg



なかなか水が切れないのでコンプレッサーでエアーを送ってみた。
IMG_3894.jpg



水抜きしたことなんてねーよって方は今すぐシートポストを引っこ抜いてどうぞ。
知らず知らずのうちに貯まった水で重くなっているかもしれませんよ。
IMG_3895.jpg

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

堀割峠 ANDANTE

ANDANTEで堀割峠に登ってきました。
FELUCAと比べタイヤの周長の違いからハイギアードになるかなと思いましたが、ほとんど違和感は無し。

車速が一桁代まで落ちる激坂区間ではFELUCAもANDANTEもほとんど一緒ですが
傾斜が緩くなる区間では慣性に乗るという表現がよく当てはまる感じで、速度が上がるに連れ
ペダルが軽くなるのがよく分かりました。

下りはすごく安定感があり安心して走れました。FELUCAだと完全に身構えてしまうような場面でも、
構えず乗れる感じです。走行中うっかりギャップを踏んでも、コトコトといなして終了みたいな。
しかし、その安心感からオーバーペースになりがちでブレーキの甘さを感じる場面も多くありました。


タイムは機材パワーで、自己ベストをあっさり更新し、20分14秒(-38.17秒)


評判の悪いゴッサマークランクについては元々FELUCAで使っていたチェーンリングも
サードパーティー品なのであまり気にはなりませんでした。
最初、FDとフレームへの干渉に気付かなかったので、ゴミ認定しかかったのですが
FDのセッティングが出てからは、個人的には気にならない変速レベルとなりました。

確かにFELUCAと比べて楽に速く走らせられるのですが、小径車は小径車で楽しいなと。
取り敢えずFELUCA、ミニベロながら良く仕上がっているなと再認識しましたwww

ANDANTEがダメというわけでは無いです。凄く気に入ってますし、一応念の為。
IMG_3110.jpg

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

toab

Author:toab
過去の交通事故で隻腕となってしまった、ハンディキャップチャリダーです。 ふとしたきっかけで乗った自転車にハマってしまい、今では改造にポタリングにと、ゆるゆる自転車を楽しんでいます。





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
リンク
STRAVA
twitter
にほんブログ村ランキング