堀割峠~美郷ポタ

今日は堀割峠から美郷へ抜けるルート。峠を越えると後はほぼ下りなので
体を休めながらをぶらぶらとポタ。
944296_219941468155799_1241167622_n_01.jpg



IMG_0909.jpg



何となくお気に入りの場所。
IMG_0910.jpg



IMG_0911.jpg
スポンサーサイト

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

堀割~柳水庵~梨の峠

今日はいつもの堀割峠から登り、柳水庵のある峠を経て、梨の木を通って帰ってくるルートに臨んでみました。




■堀割峠
192号からいつもの堀割峠へ。川島高校をこえ、上桜温泉(現在は廃業~取り壊し中)のある辺りから
傾斜がきつくなります。 頂上付近の展望台には自販機が有りますがこの時期、展望台で止まると
ヤブ蚊の集中攻撃を食らうためスルー。タイムも計ってみましたが後の登りも有るのでそこそこに。

■柳水庵
堀割峠を超え、245号線にさしかかる所を左折し柳水庵のある峠に向かいます。
ひっそりとした集落を越え、ヒトケの無い山道を登ってゆきます。ガードレールを越えて伸びた草が
道幅を狭く感じさせます。傾斜強度はたいしたことはありませんが、この日は山肌から吹き出した水が
落ち葉を濡らし路面のコンディションは、良いとは言えない状況でした。
柳水庵のある峠頂上を超えると長い下りが始まります。しばらく進むとまた集落が見えたので、
自販機が無いか探してみたのですが、どこにも見当たりません。堀割でのスルーとボトル1本しか
持ってこなかった事を激しく後悔しました。しばらく集落を縫うようなつづら折れの下りが続きます。

■梨の峠
神山側へ入り、31号線から鴨島町への分岐を経て、梨の峠への登りが始まります。下りきったところで
息をつく間もありません。頂上までの道幅は狭く、ほぼ一車線で、大きく伸びた杉の木が空を覆い隠して
いるため薄暗く、柳水庵の美郷側と同じく路面はしっとり濡れていました。 
梨の峠頂上からの下りはアールが強い上に斜度があるためブレーキを緩めると一気に加速するので
非常に神経を使います。神山側は鴨島側からの登りに比べると傾斜強度は緩く、全体を通しても梨の木峠
を鴨島側から登る今回とは逆回りの方が辛そうな印象があります。もう少し涼しくなれば
チャレンジしてみたいと思います。



距離
33.8km
( 上り:15.9km / 下り:14.4km )

最大標高差 475m

平均斜度
全体:0%
上り:6.2%
下り:6.8%

獲得標高
上り:982m
下り:979m

日時
2013年7月16日 13:47:45 ~ 16:42:19

所要時間
2時間54分34秒

平均速度
11km/h

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

梨の木峠、堀割峠

7/11 梨の木峠 30分55秒
IMG_0844.jpg



7/17 堀割峠 24分9秒
IMG_0856.jpg



もう、暑くて朝夕じゃないと登れませんね。
IMG_0850.jpg

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

四国八十八番札所大窪寺

午後から仕事に穴が開いたので、八十八番札所の大窪寺まで行ってみました。
気温は高めで日差しも強いので、休憩を挟みながらのんびり行きたいと思います。




県道2号線途中の岩野トンネルでしばし休憩。中はひんやりして、今日のような日ではまさにオアシスです。
IMG_0801.jpg



岩野、五名のトンネルを越してからは日陰らしい日陰も無く、ゼーゼー言いながら何とか到着。
500mlのボトルなんかとっくに飲み干してるので、自販機にて水分補給。
軽く熱中症っぽかったけど、給水しながら休憩していると落ち着きました。
IMG_0803.jpg



折角なので参拝をしていきます。 体力も少し回復したので早々に帰る事にします。
帰路は元来た道をたどるのもつまらないので、当初の予定通り塩江側へと向かいます。
IMG_0805.jpg



大窪寺から多和駐在所までのルートは道幅も広く、アールもそこそこで舗装面も安定しているので
楽しく走らせる事が出来ました。香川の道は整備が行き届いていて走りやすいですね。
大窪寺からはほぼ下りなのであっという間に夏子ダムまで降りてきました。
IMG_0814.jpg



使用用途は農業用水の供給だそうで落差は50m程。見下ろすと吸い込まれそうです。
大型人口構造物大好きですw
IMG_0819.jpg



夏子から県道12号線に出て乗用車に煽られながらヨロヨロ帰宅。
IMG_1058.png

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

高越山

今日は自転車乗りの定番のコースとなっている高越山に車で下見に来ました。
地元では高越山を阿波富士とも呼ばれ親しまれています。山麓には山川少年自然の家が有り、小学生の頃
宿泊訓練をした記憶が今でも強く残っています。 麓からは見上げると少年自然の家の緑のライトや
照明などが見えた物ですが、いつの間にか見えなくなっていたので、調べてみるとどうやら2006年で
閉館したようです。
IMG_0769.jpg



確かこの先の所で木工工作所があり竹とんぼを作りましたね。
帰りには「おこーっつぁんー またくるけんなー」と叫ばされたのを思い出しましたw
1977年に建てられた施設だったので自分が宿泊訓練をした時はまだ真新しかったのを覚えています。
IMG_0771.jpg



wikiには2006年(平成18年)3月12日をもって閉鎖した。とありますが
丁度この日のこの時間に施設の電源供給を止めたのでしょうね。
IMG_0775.jpg



閉鎖の理由には利用者の減少と老朽化が原因とのことです。
IMG_0786.jpg



少年自然の家を超えて更に登ってゆくと船窪つつじ公園があります。
見頃は5月中下旬とのことですので今は鬱蒼とした草に覆われています。
IMG_0756.jpg



中を散策してみようと思いましたがマムシ注意の立て札が。
IMG_0764.jpg



こんな格好ですので止めておきますw
IMG_0766.jpg



車で来られるのは、高越寺手前のここまで。 ここから先は歩道となっています。
参拝して帰ろうかと思いましたがサンダル履きなので断念しました。
IMG_0755.jpg



高越山までの標高は約1000m程で平均斜度は7.1% 少年自然の家から船窪つつじ公園までが更にぐいっと
斜度が上がるような印象がありました。全体を通して路面はうねり、アスファルトは荒れ気味、
折れた枝やら葉やらが落ちていて、カーブ途中にブレーチングがある箇所が数カ所
登りより下りの方に神経を使いそうです。 現状、ブレーキのたわみを感じているので、
このクラスの山はブレーキ強化してからじゃ無いと危なそうな気もします。

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

toab

Author:toab
過去の交通事故で隻腕となってしまった、ハンディキャップチャリダーです。 ふとしたきっかけで乗った自転車にハマってしまい、今では改造にポタリングにと、ゆるゆる自転車を楽しんでいます。





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
リンク
STRAVA
twitter
にほんブログ村ランキング