FD-6500 9s ULTEGRA

FD-6500 9s ULTEGRAのフロントディレイラーをヤフオクでget。錆があるからと、ジャンク品扱い
だったのでかなり安く買えました。古い物ですがコンパウンドで軽く磨き込むとかなり綺麗になり、
動作も特に問題も無いようでニンマリであります。

取り付け前に計量。 81.5g
IMG_1142_.jpg



こちらは今まで使っていた 9s TIAGRA FD-4500
99.5g
IMG_1144_.jpg



10s 105 FD-5700
86.5g
IMG_1145_.jpg



引きワイヤーが干渉したため急遽カラーを入れて回避。
IMG_1147_.jpg



んーむ・・・。
IMG_1148_.jpg



在庫処分でオクに放流されていたWIPPERMANN CONNEX LINK 9s
IMG_1149_.jpg
スポンサーサイト

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

FAXSON フリーハブグリスアップ

走行中強く踏み込むと小さくきしみ音が聞こえるようになったので、リアハブをばらしてグリスアップ。
一部では評判の悪いデュラグリスですが異音も収まり快調です。もともとFAXSONはラチェット音が
五月蠅いのですがグリスの固さの恩恵かかなり静かになりました。

ばらす前はラチェットの爪がばらけてしまうのでは無いかと言うような思いがあり敷居が高い印象が
あったのですが、やってみると思いの外簡単でした。 作業としてはハブ軸の反フリー側を5mmのアーレンキーで
押さえ、フリー側の黒いリテーナを17mmのスパナで回せば、フリーがassyで抜けてきます。
抜いたフリーの組み方は、ラチェットを空転させる方向に回しながら挿入していくと簡単に入れる事が出来ました。 

以前ラチェット音が五月蠅いからと安易にミシンオイルなどを注油していましたが、組み付け時のグリスまで
流してしまう恐れがあるのでやめた方が良いでしょう。

写真は撮り忘れたので別の日の物。
IMG_0169.jpg




関連記事
■2013-02-26 FAXSON 451ホイール

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

TITANボトルゲージ

このTITANボトルゲージなんですが、適応ボトルサイズが74mmで、サーモスのボトル(65mm)が
乗せられない為、お蔵入りになってました。 今までは小さめのゲージにねじ込んで乗せていたんですが、
いかんせんサイズが違うためボトルの脱着の際、傷が入ったり走行中に抜けてきたりと不具合が出ていました。
そんな事も有り、何とかこのゲージが使えないかと試行するうちに、羽の部分を絞る事が出来ました。
ご覧の通りがたつきも無く良い感じです。ひょっとするとボトルサイズに合わせて曲げて使うのかしら。



ゲージのオフセットステーはシマノ電動コンポ用の物で本来は上にオフセットさせるための物ですが
逆に付けてあります。これでシートチューブ側にもボトルが乗せられるようになりました。
IMG_1137_.jpg



折角なので取り付けネジもTITANへとチェンジ。
こちらはステンレスの物3,5g
IMG_1132_.jpg



TITAN 1,5g
IMG_1134_.jpg



いいんです自己満足の世界デスカラ。
IMG_1136_.jpg

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

toab

Author:toab
過去の交通事故で隻腕となってしまった、ハンディキャップチャリダーです。 ふとしたきっかけで乗った自転車にハマってしまい、今では改造にポタリングにと、ゆるゆる自転車を楽しんでいます。





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
リンク
STRAVA
twitter
にほんブログ村ランキング