倉羅峠~神山~佐那河内~童学寺 

かみさんとの交渉で午前中に公園へ子供を連れて行く代わりに、午後からの自由な時間を手に入れられたので
久々の出走。 コースは倉羅峠から神山へ、そこから前回、焼野峠~で回った佐那河内~童学寺のコース。
概要は距離82.6km 最大標高差757m 平均斜度5% 獲得標高1089m。
ちなみに倉羅峠は近所ながら今回初めての通行。
IMG_3623.jpg



夏の峠超えに備えwiggleで注文していたハイドレーションバッグが届いたので、早速使ってみた。
容量は1.5L。 しかし氷を入れると1L位しか入らないような感じだが、まぁボトルも1Lの容量があるので
足りるだろう。
IMG_3624.jpg



倉羅峠の登り口に到着。ウエストバッグにハイドレーションバッグを背負うとやはり重さを感じるので、
容量的には1.5Lで正解だったかもしれない。
IMG_3625.jpg



峠に到着。 本来は経の坂峠と呼ぶらしい。弘法大師のエピソードがなんとかかんとか。
ここは梨の峠のような感じで見晴らしは全く無く、ただキツイだけ。あまり楽しい峠では無かったw
ハイドレーションについては、走りながら飲む事が出来るのはとっても便利である。
今日は気温が高かった事もあり、調子に乗って少々飲み過ぎてしまった。
構造の割には意外と氷も保つ感じで、次はバッグ毎、凍らせてしまおうかと考えている。
IMG_3627.jpg



ステムを伸ばしたり縮めたり、上げたり下げたりしつつ最近はこんな感じ。
短距離は良い感じなのだがさすがに長距離になると疲れやすい気がする。
IMG_3628.jpg



神山でいつものカカシのお出迎え。前とは少し変わってたw
IMG_3636.jpg



IMG_3637.jpg  IMG_3638.jpg
IMG_3639.jpg
平均(最大)速度:22.7km(59.9km)
平均(最大)心拍:142bpm(147bpm)
平均(最大)ケイデンス:66rpm(114rpm)
移動時間:3時間38分 
移動距離:82.78km 
消費カロリー:1648kcal
スポンサーサイト

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

Vivaバッグサポーターに一工夫。  液体ゴムコーティング

先日の瓶ヶ森ツーリングでサドルバッグのサポーターがズリ落ちてしまいシートポストに傷が入ってしまった。
幸い傷は浅く、ほとんどがクリアゲル層で止まっていたのでクリアーのタッチアップペイントを塗布する事で、
補修は出来たのだが、対策をせねばまたズレて来るだろう。
IMG_3509.jpg



ぱっと見では、ほぼ判らない位にはなったのだが、強い光を当てると傷の状態が良くわかる。
ちなみに、シートクランプの割辺りの中心の傷のような物はカーボン繊維のしわで、もともとの物。
IMG_3510.jpg



ネットで調べてみるとVIVAのバッグサポーターはシートポストの取り付け部に傷防止の板ゴムが
貼り付けられているのだが、両面テープで簡易的についているだけなので、これがズレの原因になっているようだ。
今回のケースも板ゴムがずれてポストに傷を入れてしまっていたので、ゴムをコーティング
してしまえば、ずれずに傷の予防も出来るのではないか。というわけで液体ゴムを塗る事にした。
http://www.amazon.co.jp/dp/B003B3BFMK/
IMG_3511.jpg



中は緑がかった液体。乾くと黒くなる。
水性なので硬化前なら水で流す事が出来るようだ。
IMG_3516.jpg



ポストを押さえる部品。どぶ浸けで乾燥中。
IMG_3517.jpg



乾燥後は黒く硬化。
IMG_3534.jpg



がっちがちに締結はできたが、もりっとはみ出してきているので傷防止の効果は不明。
まぁ、これで、しばらく使ってみて様子を見てみる事にする。
IMG_3532.jpg

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

瓶ヶ森林道

久々の出走。前々からルートを引いて計画していた高知県の瓶ヶ森に行ってきた。
この車はETCが付いていない為、高速道路は使わずデポ地である道の駅、木の香まで向かう。
IMG_3465_.jpg



瓶ヶ森の絶景を一眼カメラに納めるべく、本日の相棒は先日サドルバッグを付けたFELUCA
バッグの中は自転車の為のエアポンプと標準レンズを付けた一眼と55-200mmのレンズが入る。
ちなみに、単焦点と18-200mmのズームレンズはANDANTE購入時の資金に化けてしまったので今は無いw
IMG_3466.jpg



iphoneのナビを使いながら4時間ほどで道の駅に到着。
GW初日とあってか人が多い、県外ナンバーも多数見られた。
IMG_3468.jpg



折り返し地点が崩落により全面通行止めとなっているらしいので、行けるところまで登って、
折り返してくるルートとした。
概要は距離52.6km 最大標高差1080m 平均勾配6.6% 獲得標高1473mである。
実はこのルート、かなり前に引いた物だったので、本格的な登りが始まるまでは平均勾配3%前後だと思っていた。
そのつもりで荷物やバイクを用意していたので、後で後悔する事になる。
IMG_3464.jpg



続きを読む

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

wahoo RFLKT 導入

ヤフオクに出品されてたRFLKTが落札出来た。新しく機能拡張版のRFLKT+が発売されたからか、
従来の物の中古品がヤフオクにちらほら出品されるようになってきた。
違いはRFLKT本体がant+に対応しておりそのデーターをiphoneに送れるようになっているのと
高度、斜度、温度センサーが内蔵されており新たにこの三つの項目をロギング出来るようになっている。
+の斜度表示は魅力的だが、FELUCAでそういった所には出かけるつもりが無いので従来品で十分である。

以前書いた記事の高度、斜度などについてはRFLKT+が必要だったと言う訳である。
以前の記事はこちら
IMG_3406.jpg



RFLKTの表示画面やボタンが押された時の挙動はiphone側でカスタマイズ出来るようになっている。
かなり自由度が高いので、これだけでもかなり遊べると思う。

ここでは一例として、一番上に【時間】
2段目左、【速度】 2段目右、【ケイデンス】
3段目左、【移動距離】 3段目右、【心拍数】

全てバックライトは付けた状態。
IMG_3407.jpg



【平均速度】【最高速度】
【平均ケイデンス】【最高ケイデンス】
【平均心拍】【最大心拍】
IMG_3409.jpg



【移動時間】【移動距離】
【消費カロリー】【ブランク】
【iphoneバッテリー残量】【ブランク】
IMG_3410.jpg



HRセンサーも落札できたのだが、ベルトにセンサーを付ける為のボタンが、ベルトを脱着する際のボタンを
兼ねているため、片手では装備時に外れやすく自分的には相当くそったれな仕様となっている。
幸いcateye v3nのベルトと互換性があったので、こちらを利用する事とした。
定価も800円で入手性も悪くないので、これから導入を検討されている方にはこちらのベルトをお勧めしたい。
IMG_3422.jpg

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

toab

Author:toab
過去の交通事故で隻腕となってしまった、ハンディキャップチャリダーです。 ふとしたきっかけで乗った自転車にハマってしまい、今では改造にポタリングにと、ゆるゆる自転車を楽しんでいます。





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
リンク
STRAVA
twitter
にほんブログ村ランキング