あぁぁぁぁぁっぁぁああぁあぁぁああぁあぁぁ・・。 心臓に悪いわ。

シートポスト組み付け時のクランプの締め付けで「ピキッ」とかすかな音が。
適正トルクよりもはるかに低い仮締め段階だったので、
最初はファイバーグリップの樹脂がつぶれた音かと気にせずにいたが、
作業を進めるうちに、だんだんと心配になってきた。

何度か脱着し、強い光を当てるなどの点検を試みたが原因は不明。
もしカーボンの破断があるとすれば、打音検査が有効との事だったので
昨日、再度ポストを抜いて点検してみた。打音検査では幸いフレーム側は特に異常なし。

念入りにポストを見ると、7と8の刻印の間にクラック
(正確にはカーボン表層のしわと思われる)が見え、
この部分は明らかに鈍い音がでていた。
IMG_7591.jpg



DIXNAのポストはANDANTEにも同じ物を使い、過去にもFELUCAでも使っていたが
このような継ぎ目は無くシームレスだったのだが、このポストには継ぎ目が見える。

コストダウンなのか、はたまた単純にはずれだったのか。
とりあえず原因がわかってほっとした。
しかし、もしこのまま締め付けトルクを上げていったら、
最悪の場合フレームまで道連れになっていたかもしれない。(大袈裟

シートクランプの割を前にもっていくなどの対策が言われていたりするが
あれについては私は懐疑的である。

今日シートポストを新たに発注し(同じDIXNAだが、継ぎ目があるようなら返品予定)
念のため、2段締めのシートクランプも手配した。

と、言う訳で完成はまだまだ先になりそうである。
スポンサーサイト

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

VELENO、組み立て1 -BBインストール、コラムカット他-

BBの取り付け作業完了でフレームを引き取ってきたので作業再開。
不可逆的な圧入方式は不本意ながら、今回はやむを得ず。
工具の持ち合わせも無かったので、shopに依頼。
ロゴの位置を出してもらうように言っておけばよかった。
セラミックBBの動作はヌルヌルでばっちりだった。
IMG_7550_01.jpg



コラムカット。寸法はOPUSと同じ長さとした。
ヘッドチューブはVelenoが短いのでほぼ大丈夫だろうと判断。
新しい鋸を用いるも、カーボンの固さを思い知らされたw
どうも石切などに使う非鉄用の歯が良いらしい。
後、ソーガイドが逆と言うのを半分まで切って気が付くw

横着せずにフォークは抜いたほうがいいです。
IMG_7551_01.jpg



FDはちょー嫌いなバンド式。
カーボン車にバンド式とか死亡フラグ立ちまくりやんかなどと思いつつ、何とかクリア。
お守り代わりのチェーンキャッチャーは今回も装備した。
IMG_7553_01.jpg



ホイールはDURA-ACE WH9000-C24 12-28T。
主要コンポは6800 11sでOPUSと同様の構成となる予定。
前の記事のポスト割れは、時系列的にはこの時の作業でということになります。
※修正しました。

とりあえず本日の作業はここまで。
IMG_7559_01.jpg

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

BB沼・・・('A`)

KCNCのPF30アダプター手配。車体に取り付けたところ、ベアリングの動きが渋い。

ハズレ個体かと思い再度KCNCアダプターの手配。

2つ目のアダプターも同様に渋い(これは取り付けをしなかったので返品成功)

ヤフオクにて台湾製のセラミックのPF30アダプターを手配

セラミックのアダプターはBB386レンチとシマノのホローテックIIレンチが必要だったため
取り付けをSHOPに依頼。

持ち込んだBBはPF30だがBB RIGHTと言う79mm幅の特殊な物で適応外。(涙
で、当然取り付け不可。

またBB待ちで作業が止まるのも嫌なので、shop在庫のセラミックBBの取り付けを依頼。

車体側BB筒の形状の都合により取り付け不可能と言う事が判明。

泣く泣くshopにてTNIのPF30/24アダプターを注文 ← イマココ

IMG_7481.jpg

IMG_7475.jpg

IMG_7528.jpg

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

ニューフレーム CARRERA VELENO EVO

届きましたニューフレーム CARRERA VELENO EVO。
ANDANTEがコンフォート寄りの味付けらしいので、固いと言われるVELENOにしてみた。
本当はJIS BBだった2014モデルが欲しかったのだが、あいにくSサイズのみ売り切れと言う事だったので、
2015モデルにした。フラットバーにするのでMでも大丈夫だと思うが、さすがに冒険できなかった。
IMG_7462.jpg



糸を張ってフレームの精度チェック。概ね大丈夫そうである。
カラーは黒/緑と大分悩んだが、思い切ってREPSOLカラーにした。
IMG_7463.jpg



お約束の重量計測。
フォーク重量は418g(400g;カタログ値)
IMG_7464.jpg



フレームは1.02kg(920g;サイズM/カタログ値)
但し実測値はワイヤーガイドのチューブ含む。
IMG_7467.jpg



フレームにフォークを通そうとして下玉押しの圧入作業がある事に気がついた。
丁度良いサイズの塩ビ管が無かったのでお付き合いのあるSHOPさんに依頼。
IMG_7468.jpg



フォークを通すとバイクらしくなってきた。 しかしコラムながっ。
ここは何度か切る事になると思うのでソーガイドと鋸は手配した。
IMG_7471.jpg



PF30なのにフレームにはBB386のロゴが。
IMG_7474.jpg



これを思い出したw↓
wpid-1378166191.png

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

GIOS FELUCA更新終了。

ブルホーン化させたものの、ほとんど乗らなくなっていたFELUCA。
実はブルホーン化でハンドリングが激悪化していたのだ。
片手仕様のため左側にケーブルが集中するのが原因で、
フラットバーではヒラメのバナナを使う事でケーブルの抵抗を減らす事が出来るのだが
ブルホーンではそれが出来なかったという訳である。

今更フラットバーに戻すのも面倒なのと新しく増車を考えていたのでオークションに放流した。
小傷はあるものの、それなりに気を遣って扱ってきたので状態は良いと思われる。

写真は梱包前の養生の状態。
IMG_7503.jpg



発送。
と言う訳でFELUCAカテゴリー更新終了となります。
IMG_7526.jpg

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

toab

Author:toab
過去の交通事故で隻腕となってしまった、ハンディキャップチャリダーです。 ふとしたきっかけで乗った自転車にハマってしまい、今では改造にポタリングにと、ゆるゆる自転車を楽しんでいます。





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
リンク
STRAVA
twitter
にほんブログ村ランキング