加熱時のR55C4カーボンブレーキシューのリム食いつき。

朝練でブレーキフィーリングが悪かったのはブレーキシューのリムへの食いつきが原因でした。もともとメカニコのKシリーズのリムはブレーキ面が成型仕上げなので僅かに揺らぎがあるのは仕様なんですが、どうもその揺らぎにシューの食いつきが加わりブレーキの脈動を増幅していたようです。Shimanoのブレーキシュー(R55C4カーボン)はよく効きますが、SWISSTOPのイエローキング同様リムへの食いつきが少々厄介なようです。食いついたシューは水にぬらした砂消しゴムを軽く当ててやってクリーニング。とりあえずカンパの赤シューに戻しました。
IMG_10889.jpg
スポンサーサイト

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

toab

Author:toab
過去の交通事故で隻腕となってしまった、ハンディキャップチャリダーです。 ふとしたきっかけで乗った自転車にハマってしまい、今では改造にポタリングにと、ゆるゆる自転車を楽しんでいます。





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

カテゴリ
最新記事
リンク
STRAVA
twitter
にほんブログ村ランキング
月別アーカイブ