RD-R9100@RIDEAビックプーリkit取り付け。

ビックプーリーkitの変速性の悪さと、リアメカトラブルの報告の多さから敬遠していたビックプーリkitですが、最近なにかと評判良いRIDEAで組んでみました。 プーリーは摺動抵抗が低いとされる樹脂製(カーボンコンポジット材)。 ベアリングはフルセラだとダストシールが無い物になるようなので、セミ セラミクスタイプとしました。重量は46.1gから86.8gで40.7g増量となりました。はたして効果やいかに。
IMG_10893.jpg IMG_10890.jpg IMG_10891.jpg

IMG_10892.jpg


R9100のゲージ脱着はワイヤーを引いた状態(Low)にしなくてはならないので、仮にシフトレバーを取り付け。RIDEAのマニュアルでは結束バンド等で縛れみたいに書かれてましたが、この方法が確実で簡単でした。
IMG_10894.jpg


旧6800、9000系ではゲージの分解が必要でしたが、R9100からはT10のトルクス一本で分解可能。
IMG_10895.jpg


が、組み付け手順を間違えるとテンションスプリングの変形とダストシールを潰してしまいます。(汗 組付けマニュアルにはきちんと記載されているのにね・・。 とりあえず別バイクからRDを外して虫食い整備。
IMG_10896.jpg


とりま、完成。 ←Low Top→。 チェーンはそのままでも行けそう。 ただ、前42tだと、もう1コマ欲しいかも。 
IMG_10899.jpg IMG_10897.jpg


BB下でワイヤーの動きが悪くなっていたのでライナーを仕込みました。
IMG_10898.jpg

スポンサーサイト

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

toab

Author:toab
過去の交通事故で隻腕となってしまった、ハンディキャップチャリダーです。 ふとしたきっかけで乗った自転車にハマってしまい、今では改造にポタリングにと、ゆるゆる自転車を楽しんでいます。





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

カテゴリ
最新記事
リンク
STRAVA
twitter
にほんブログ村ランキング
月別アーカイブ